☆連載コーナー Diary guripins

ドラゴンエイジ インクイジション マクスウェルさん「亀裂」へ向かう 第二話

前回のちょっとしたあらすじ

カサンドラ「貴様を生かしておく理由があるのか」

爆発した神殿は講和議会の開催場所だった。
(※戦争していた魔導士たちとテンプル騎士たちとの仲直りの場だという)

そこにいた全員は、主人公(マクスウェル)を除いて全員が死んでしまい、生き残ったマクスウェルの左手は怪しげな緑色の光りが稲妻のように走っている。

それは講和議会の場所が爆発した後に現れた上空の「亀裂」と同じ光。

爆発の犯人と疑われるのもやむなし…。
だけど、マクスウェルさんも、プレイヤーも左手の理由は当然わからない。思い当たる事と言えば…あの光のシルエットの女性。

ありのままを話すと、案外聞く耳を持ってくれるカサンドラ達。
やはり、気を失った直後のマクスウェルを発見した兵士たちも光の女性を見ていたようだ。

カサンドラは、上空以外にも至る所に現れた裂け目をその左腕がふさぐ鍵になるのではと考え、マクスウェルを現場に連れて行こうと考えたのだった。

と、ここまで。

ScreenshotWin32_0039_Final

こうして、ようやくマクスウェルさんの操作が可能に!

受け答えの全ては選択式で、いくつかの回答が用意されている。
回答によってはあとあとのやり取りが変わったり、相手の好感度が上がったり下がったり、さらにどの登場人物にも好かれるように八方美人は不可能。
それぞれの考え方があり、なかなかシビア。

ScreenshotWin32_0005_Final

裂け目への同行を承諾したマクスウェルさん。
とりあえず裂け目の見える方向に進んでいくしかないようだ。

丸腰だけど。

 

つづく
次回からどっしり書きます。




くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。