☆ゲームレビュー
Screenshot_2015-04-21-01-18-23


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

えっ?街作りシミュレーションなのにPvP(街開発バトル)もできる?!ランブルシティ

google_badge apple_badge
黒猫のウィズ白猫プロジェクトのコロプラさんの街づくりシミュレーションがでました!
以前レビューしたほしの島にゃんこもコロプラさんですが、チュートリアルがしっかりしていて、つまづくことなくかわいいねこにも癒されながらプレイできました。果たして今回は?!

 

街ゲーのその先へ・・・!指一本でカンタン楽しく街づくり!
コロプラが贈る本格派の街づくりゲーム
「ランブル・シティ(Rumble City)」

オリジナリティあふれる街をつくっちゃおう!

 さっそく自分だけの街を作りましょう!

まずはチュートリアルが始まります!ほしの島にゃんこと同様、ランブル・シティも丁寧なチュートリアルなので詰まることはないと思います。

チュートリアルが終わると、クエスト方式で人口を○○人増やせ!と出てくるので、それをこなすために住宅、商店、公園などを建てていきます。
最初は建てられるものが少ないのでどれを建てよう><と心配になることはありません♪
位置ここじゃなかった・・・となっても建物を移動することができるので、どんどん建てていきましょう!
人口○○人のクエストを達成すると建てられる建物が増えていきます。

■ 100種類を超える建物
100種類を超える建物が登場!
自分だけのテーマにあった街づくりが可能!
組み合わせは無限大!

とのことなので、どんな建物が追加されていくか楽しみですね♪

このゲームの最大の特徴 最大4人の街たてマッチ!

街づくりが進んでいくと、完成までに2時間・・・もっとやりたいのにー!なんてことあったりしませんか?
ランブル・シティはその間も遊べちゃいます!

  • 他の人の街を見に行く
  • 他の人の街の手伝いが出たりするので手伝ってくる
  • 街たてマッチで遊ぶ

上2つは他のシミュレーションでもよく見かけますね!
ですので、街たてマッチについて書いていこうと思います。

街たてマッチは解禁されるのに条件があります!
その条件とは、人口3000人以上!!それに満たない場合はできないんです。
そこまで自分の街を発展させていたなら基本はマスターしているといえるでしょう♪

街たてマッチでは何をすればいいの?勝利条件は?

最大1:1:1:1の4人で20分、もしくは24時間以内に人口を一番多く増やした人の勝利となります!
はじめに秘書が発電所、給水塔など基本的な施設に加え、自分の街にある施設をランダムに数個、 途中でも自分の街にある施設をランダムに倉庫にいれておいてくれます。
欲しい建物がこない場合もありますが、相手の建物を買収することもできるので工夫してみましょう!
マップは自分の街とは別で、街たてマッチ専用のマップになるので心配無用!
街たてマッチが終了したら自分の街にもどります。

人口を増やすコツと土地の拡張について

ゲームを進めていくと住宅は建てられるだけ建てたのに人口が増えない!と悩むかもしれません。そんなときはまず、増築ができるかできないか、他の建物のレベルアップができるかできないかを試してみましょう。同じ建物でも配置によって人口が増える場合もあります!この試行錯誤が楽しい♪

土地の拡張はスターコインでしていきます。
スターコインの入手方法は、

  1. 街たてマッチの報酬
  2. クエスト
  3. 他の人の街を手伝ったときの報酬
  4. ログインボーナス

これらの方法で手に入れることができます。
スターコインは入手頻度がそこまで高くないですが、少ない土地を有効利用するのも楽しみの一つなのでちょうどいいバランスかな?と思います。

ランブル・シティ感想

最初はお友達にシムシティとか好きでしょ?やろうよっていわれてはじめたのですが・・・
うん、遊びやすいです。
他にもこういったシミュレーションはたくさんあってお腹いっぱい気味ではあるのですが、街たてマッチがあるので「建物完成まで放置かー」ってがっかりしなくて済むのは大きいなぁと感じました!
その街たてマッチも任意なので、まったり自分の街を作って行きたいよー!って方も、私のようにマッチするぞー!と自分の街開発よりも優先してやっちゃう人も、どちらも満足できるかなと思います♪
シムシティとかが好きな人にオススメです!

1つ難点をあげるとしたら、マッチがつながりにくいことがあります。それだけは惜しい・・・!素敵な要素なので今後改善されていくととっても嬉しいです♪

著者: りさ