☆ゲームレビュー
matikoro-min


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (6 投票, 平均値/最大値: 3.67 / 5)
Loading...

もったいないけど、あとちょっと!何かがほしかったソーシャル版「街コロ」10月31日まで

  apple_badge

 人気ボードゲームだった「街コロ」のソーシャルゲーム版!

 

しかし…「街コロ」は、残念ながら今年の10月31日にサービスが終了してしまうのです。う~ん、無理にソーシャルゲームでなくともよいので、落としきりの遊び放題のゲームとしてしておいてくれないかな?なんて思ったり。

 

というのも、音楽デザインがとても個性的で、かなり作りこまれている力作だと思うのです。純粋にもったいないんですよね。もったいないと思ったからこそ記事にしたわけですが、終了まで、まだの方はぜひ遊んでみてはいかがでしょうか!

ただ、人を選ぶ題材であると思います。

 

ゲームを開始すると流れるオープニングムービー

オープニングムービーがあるのって、結構珍しくないですか?
二回目のプレイからは飛ばしてしまいますけども。

mati1-minmati2-min

登場キャラクターや流れる音楽がとにかく独特で楽しい。

ちょっとクセになる世界ですね( ‘ v ‘ )b

 

本編がはじまると、どのゲームでもおなじみのチュートリアル。しかし、これがまた見ていて面白い。キャラがフニフニ動きながらポップな感じで(ドラクエみたいに)セリフの文字に合わせて「ぴょこぴょこ」と独特な音が鳴る。(笑)とても可愛らしいんです。

テンポも良いのでさくさく進む。

mati12-min
この何もない無人島らしきところを、立派な街にするのがプレイヤーの役目。この島をタップするとカラカラと水車みたいにまわって、島の全貌を見渡すことが出来る。

 

このパートは「サイコロ」は使わずに、どこにどんな建物を建てるか考えながら楽しめる純粋な街づくり。
お金を使って土地を開拓をしたら、そこに手持ちの「建物リスト」からビル、アパート畑やお店、バス停から空港まで、全部で150種類以上あるそうで、好きな建物を好きな位置に建てていける!人口の増加と、住んでいる人たちのしあわせ値をあげていこう。

 

建物は、よくあるカードゲームのように、所持している必要のないカード(物件や増資専用のカードなど)を消費して増資する事ができる。

mati3-minmati4-minmati5-min

迷ったら町の人の声を参考にしよう!

 

mati6-min
 

街の人の要望通りに進めて行って何も問題はなさそうです。
というよりも、その方がオトク?

 

「街コロ」のボードゲームはここで再現されている

mati7-minmati8-minmati9-min
 

「街コロバトル」、がプレイヤーのもっとも大きな資金源に!
事業カードを買いつつ、サイコロを振って出た目が自分の持っている事業カードの数字と同じ目ならコインを獲得。最終的に、そのコインで大事業カードを全部買った方が勝利となる。

 

悪徳興産ダークホールディングスなどなど、いかにも悪徳ですよって業者たちが敵として登場!でも、その姿はどこか憎めない。憎めなすぎる…。セリフや容姿が見ていて飽きないし、中にはシュールなものも(笑)

 

こうして、そのバトルに勝利していけば設計図(建物)とお金が手に入り、街を大きくしていく近道になります。

 

サイコロバトルで気になる点が…
  • NPCがとてもおバカで、大事業カードを楽に揃えられる資金に達してもあまり買わない事。(ゆっくり遊べていい面もあるのかな?)
  • サイコロの目がランダムではなく、プレイヤーやNPCの持っている事業カードである程度決まっている事。(どうもサイコロの出目に違和感を感じたので、調べてみたらそういう事でした)
  • 「コロパワ」という、街の大きさで増えていくポイントで、勝負の行方がかなり左右される事。(どのみちNPCは弱いですが)

 

特定の数字を出した相手からコインを奪えるという事業カードを大量に買って、一撃必殺の賭けで「NPCを破産させること」、にはまっていた筆者としては、なんだか興を削がれてしまった気がしないでもなかった。

 

まとめ

mati11-min
シムシティとかが好きで楽しめる人は、やはり建物が増えて行き、人口が増加していったりするこの部分はかなり楽しめるはず。音楽や個性的なキャラクターたちはインパクト大

しかし、全体的な仕様は大味な感じもするし、やはりプレイヤーを選ぶ感じも。

もったいないけど何か足りなかった

う~ん、やっぱりこの一言に尽きるかもしれません。
それでも、遊べるうちに遊んで損はないです!
やり込もうとすると案外すぐに終わるボリュームだったり。

 

 街コロ 公式サイト

 

説明

□□街もバトルもサイコロ次第!□□

■ちょっと変な街づくり
おじゃまキャラとサイコロバトルをして勝つと、建物とお金がもらえます。
その建物とお金を使って自分だけの街づくり。
街を大きくすればするだけサイコロパワー(コロパワ)がアップして強い敵にも勝てるようになります。

■街コロの建物はどれもユニーク
マンションやコンビニから遊園地や秘密基地まで、その数150以上!
どれもユニークなデザインだからできあがる街ももれなくユニーク。
好きなようにならべるだけでみんなと違うあなただけの街ができちゃいます。

■サイコロ勝負だ、街コロバトル?
おじゃまキャラとのサイコロバトル、その名は街コロバトル。
街コロバトルは、大事業カードを最初に全部買った人が勝つ、簡単で奥が深いサイコロ勝負。
順番にサイコロを振り、自分が持っている事業カードの数字とサイコロの目が同じならポイントをゲット!

■街コロバトルの3種類のカード
街コロバトルで使う基本カードは3種類。
誰からでももらえる「青カード」
自分だけもらえる「緑カード」
敵からもらえる「赤カード」
カードの特性を活かして街コロバトルを勝ち抜こう!

■個性豊かなライバルたち
街づくりゲームなのにバトルがある。
そんな不思議な世界の「街コロ」では、バトルの敵も個性豊か。
一風変わったライバルたちとのバトルに勝てば、これまた変わった建物をゲットできるかも!?

■住民の声に耳をかたむけよう
あなたの街に住む住民たち。
住民たちのワガママな要望をかなえてあげれば、ちょっといいことあるかもね!

くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。