☆ゲームレビュー
ct01


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (4 投票, 平均値/最大値: 3.25 / 5)
Loading...

完全新作のスマホ版「クレイジータクシー」が、雰囲気そのままに!戦車まで…?

google_badge  apple_badge
モバイルでクレイジータクシーがやってきた!
御存じの方はご存知、タクシーの運転手になって街中をかっ飛ばして乗客を1秒でも早く目的地に送り届けるシンプルなゲームです。

結構昔からあるゲームで、初めて登場したのはゲームセンターだったと記憶しています。その後にドリームキャストに移植されました。

信号無視、逆走、公園だろうと建物の上だろうと海の中だろうと、全てお構いなし!
大事なお客様をとにかく目的地に乗せていく。道なんてものはタクシーが通った後に出来るんだ!!

 

~完全新作としてスマホでクレイジータクシーが遊べる!~

  • モバイル向けの 直感的な操作
  • 完全新作のマップ
  • クレイジーな乗客やドライバーが多数登場
  • 豊富なミッションやチャレンジ
  • プレイに応じて拡張するマップで稼ぎ方やルートが無限大
  • タテ持ち、横持ち両方に対応
  • Crazy Taxiシリーズの生みの親菅野顕二プロデューサーが、SEGAのトップモバイルスタジオ Hardlight とタッグを組んだ完全新作

スマホ、クレイジータクシー シティラッシュでは、プレイヤーの使用できるキャラクターは11人!クレイジータクシーがはじめてな方でもすんなりハマれる爽快なゲーム。むしろ初めてな方にこそオススメ。

昔からのファンも、もちろんインストールする価値はあります。

 

スマホに合わせた簡単な操作方法になった

今作のクレイジータクシーはこれまでのレースゲームの操作とは違い、タップで車線変更で他の車を避けていくのがメインに変更されている。激しいゲームなので、難しい操作をあまり必要としないように配慮したのかもしれませんね。わかりやすく、初めての人も入り込みやすい変更かもしれません。

 

交差点は、曲がりたい側の画面を長押しのあとに指を離す事で右左折が可能に。(ただし、慣れないうちは意外と難しいかも)曲がり損ねると大きなタイムロスになってしまう。目的地に到着したらタップを連打でタクシーを止めて乗客を下してお仕事完了

親切にその都度画面に操作方法が表示されるので、操作方法を予め覚えておく必要はありません。

 

目的地までの道順に迷う事は少なくなったけど、最初から自由に町中の至る所を走り回ったり、自由なルート選びが出来なくなったのは、昔からのファンからしてみたらちょっとだけ物足りないかもしれません。

ct06

障害物を粉砕しながら突き進む爽快感は健在。
画面右下の緑色のアイコンでブースト。これを使えば加速し、目の前の車をふっとばして進むことも出来る。

戦車にのって渋滞緩和と平和(?)のために、車を多く破壊する事でお金がもらえたり、さすがぶっ飛んでいます(汗)

ct11

クレイジータクシーの街並も、もちろん健在!そのに暮らす様々な人たちも。
ダウンタウン、市街地、ビーチの三種類がある。

 

クレイジータクシーと言えば、走行中に流れるオフスプリングの「All I Want」という曲!これで当時、パンクバンドを聴くようになった人も少なくないのでは?

今作はミュージックで”Crazy Taxi”というプレイリストを作っておくことで、好きな楽曲でゲームが出来るようになっている。今作にもともと入っている曲も、アーティストのものなので悪くない。

 

街はステージはアンロックで行ける場所を広げていく。
稼いだお金で車を購入、パーツの強化、デザイン変更を行う事ができる。カスタマイズは充実していて、自分だけのタクシーで走り回る事が可能に!

 

ゲーム内の仕様について、いくつかマイナスになったと思う点が

乗客を自由に拾っていくことは出来ず、一回一回ミッション形式になってしまった。こまめにメニュー画面に戻ってしまうので、クレイジータクシーの爽快感がそがれてしまい、テンポが悪く感じるのがすこし残念。

ちょっとした時間に、気軽に出来るのもうれしいのですが、やはりこのタイトルであるなら、好きに走り回ってタクシー家業を楽しみたいと思ってしまいます。

さらにスタミナ要素があり(クレイジータクシーでは「ガゾリン」)、夢中で遊びたいときに興を削がれてしまう。

感想

もともと楽しく、ぶっ飛んだ内容でありながらもわかりやすく、人をあまり選ばず楽しめる良作シリーズなのですが、スマホ仕様にしすぎて、悪い点もあえて導入してしまっているのが残念な部分でした。

今のスマホゲームの傾向に流されず、これまでのゲームのよさを殺さずに活かしたチューニングを期待したいですよね!

くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。