☆ゲームレビュー
クラクラ01.min


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (6 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)
Loading...

攻めたいよね!守りたいよね?細かく配置したいよね!?そして「クラッシュオブクラン」と出会う

google_badge  apple_badge

自分がやっているクラクラ系のゲームを三種紹介。その最初の記事はもちろん「クラッシュオブクラン」クラクラというのはクラッシュオブクランの略です。

  • サムライ大合戦についてはこちら
  • スターウォーズ コマンダーについてはこちら

究極の戦略対戦ゲーム

村を発展させて守り抜け!
王国をその手に!
世界中のプレイヤーと戦え!

タワーディフェンス系のゲームって流行ってた?

レビューを書いているくせに疎くてすみません。
コンシューマのがっつりやりこみ系のゲームばかり遊んでいたので、フラッシュゲームやブラウザゲームなんかでお手軽なタワーディフェンスというジャンルを知ったのは結構最近だったのです。

 

筆者は貪欲なもので、「もっとこの内容を発展させたゲームはないのか、もっと自由に要害を配置出来たり、自分が攻め込んだりできないのか!」などと以前から思っていたのですが、まさに願いを叶えにきましたと言わんばかりに現れたのがこのクラッシュオブクランなのです。

 

クラッシュオブクランは戦略対戦ゲーム

村を強化して要塞のようにしていき、攻めてくる他のプレイヤーから守るタワーディフェンスでもあり、自分でNPCの集落や他のプレイヤーの村を襲うことも出来るので、ジャンルはこれだ!とひとつにして伝えるのはちょっと難しい。

 

それでいてとてもカジュアルであり、好きな時に起動して好きなタイミングで止める事ができる。様々な要素が合体しているのに、かなりおてがるに遊べる。

 

ゲームを起動しよう!って気持ちにさせてくれるクラクラ

無料ゲームが多いスマホなどでは、びっしりとダウンロードしたゲームが並んでいる人も多いんじゃないだろうか。

 

でも、「ああ、どれで遊ぼう…」ってなる事も多かったりしませんか?
筆者がとくにそうなる事が多い人なんですが、クラクラだけはまず最初に起動して遊ぶゲームだったりするんです。

 

攻め込まれてないか?お金はどのくらい貯まっただろうか?施設は完成したかな?真っ先に起動したくなる要素が満載です。

 

しかも、それらすべては一つの画面で確認が出来て、操作もそのままタップするだけ…(よくできたゲームだなぁ…。)

 

クラクラ02.min

配置する楽しみをとことん堪能してしまえ!

最初はとても貧弱な村なのですが、メインの建物を強化していく事で、様々な施設を建設できるようになっていきます。

 

毎回、強化の度に建設が可能になる施設に比べて、防衛の要ともいえる防壁が若干足りないのがとても憎い!(褒め言葉)
どの施設を重点的に敵の脅威から守るのか、どの施設の防衛を手薄にするのか、毎回試行錯誤して配置する楽しみがある。

 

また、攻められた場合、その様子を何度もリプレイで見る事ができるので、このように配置した場合、この位置から攻めてくるプレイヤーが多いんだなと把握して罠を配置するなど、確かに戦略大戦ゲームと謳っているのは間違いではない。

 

わざと攻め込みやすい隙を作って、そこに大量の罠を仕掛けておいたり。それに引っかかるプレイヤーのリプレイを何度も見たり…!

攻め込む場合も、相手の施設の配置で攻め方を予想する!

クラクラ03.min

※何も考えずに攻め込んで、こちらの部隊が戦火を上げられずほぼ壊滅寸前の図

ここは手薄、付け入る隙がありまくり♪なんて思いながら仕掛けられている罠に自分がまんまと引っかかる屈辱はかなりのもの(汗)障害は目に見える大砲やアーチャータワーだけではないのです。
単純に戦力が足りない場合もあるし、手順によっては犠牲を最小限にできる事もあり奥が深い。

 

ユニットは村の発展で建設した施設のランクによって使える種類が増えていく

クラクラ06.min

それぞれ得意分野と、行動パターンがあるので適材適所の場所を攻撃するように配置していくのがセオリー。
これをミスると、迫撃砲の一撃で大量に配置したアーチャーが全員蒸発したなんて事を筆者はよくやらかす。

 

クランが熱い!クラン戦が熱い!

クラン戦の戦いは、お互いにメンバーの陣地を襲撃しあって勝利を競う。クラン戦専用の施設の配置を普段のものと違う配置にする事ができる。

クラクラ04.min

グローバルに馴染もう

世界中のプレイヤーがいるので、やはり文化の違いを垣間見る事も多い。日本人は基本的にグローバルチャットでクランの勧誘を行ったり宣伝したりするのだが、海外の人は会話よりも最初に「勧誘」を有無を言わさず飛ばしてくる。

 

筆者はあまり気にせず、その勧誘に応じるのだが、外国の人は外国の人で結構苦労しているのかもしれない。

 

クラクラ05.min

 

入ってみて違うなと思えばじゃんじゃん抜けていくし、逆にじゃんじゃん「キック(除名)」もされる。

masuterの悲痛な叫び「noooo!
ちなみにここはイタリアのクランだったようだ。

まとめ

ちょっとした時間でも遊べて、とにかくめちゃめちゃ面白い!
日本では今年になってCMしてましたよね。

 

まだ遊んだ事がない人、是非ダウンロードしてみることをお勧めします。自分のスマホ内の定番のゲームになる事間違いなし。
序盤は施設の建設もテンポが良く、チュートリアルもわかりやすくさくっと終わるのでうんざりする事もありません。

※追伸
完成度がどのタイトルよりも、今のところ一番高いと思います。

くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。