☆ゲームレビュー
seizon01.min


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (6 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...

都内深夜の地下鉄で何が起きているのか、「生存率0%地下鉄からの脱出」


google_badge  apple_badge

それぞれの理由で地下鉄の乗り込む登場人物たち。
序章から(プレイヤー視点で)いかにも罠じゃないかと怪しさ満点な雰囲気が漂っていた。

seizon02.min

どのキャラクターの視点をメインに物語を進めるか選択、プレイヤーはマルチエンド方式サスペンスノベルゲームの世界へと足を踏み入れる。

ただ物語を読み進め、選択肢で物語が分岐していくのではなく、経験値アイテムといったものが導入されており、選んだ選択肢や、構内探索をするかしないかによって得られる経験値が違うという仕組みになっている。

seizon04.min

他にも探索で経験値を得たり、普通のノベルゲームとは違った要素があります。中には大きな分岐点もあり、選択をミスするとバッドエンドに。

ストーリーはキャラクターごとに30個以上用意されていて、真のエンディングは1つ。

あなたが選んだ登場人物は無事に生還できるのか…?

seizon03.min

叶野 舞花はある日、元カレのハルくんからの「やり直したい」というメールから、でその元カレに合うために地下鉄に乗る。ハルくんに未練がある舞花は最終電車なんとか乗り込み、よりを戻せることに歓喜していた。電車の中で今作の登場人物である他の乗客、乗務員含む14人と出会うのだが…。

直感で操作ができ、インターフェイスはわかりやすい

オプション機能

  • 物語のテキストの履歴を確認
  • 字幕表示の背景色の透過値選択
  • バイブレーション機能のON OFF

チュートリアルストーリー、エンディングを見た後に分岐の確認、最後の選択肢直前の選択肢からの再開、アイテムの取得などなど。

途中到着するゲートエリア突破の条件は「経験値」、「構内探索や物語の途中で得たアイテム」他には課金アイテムの「クリスタル」などがある。

感想

女性向けな物語なのかな?

読みやすくテンポよいので、どんどん読み進めて行けるのですが、章分けが細かく先に進むにはチケットが必要になります。チケットは3枚、毎日3つを無料で回復するのですがいちどに読み進めてしまいたい場合はあっという間になくなってしまいます。

物語は序盤こそチープな印象を受けましたが、少し読み進めただけでサスペンス全開の展開へ突入していくので続きがとても気になる。
「一体どうなってしまうのだろう?」疑心暗鬼、そして恐怖、突如やってくるバッドエンドはなかなか怖くてびっくりできました。

こまめなチケット消費がなければ悪くないゲームだと思います。基本無料ではあるものの、無課金ではきつめです。

ちなみに筆者の感性は皆とずれているのか、選んだ選択肢はことごとく少ない経験値だった(泣)

 

くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。