☆ゲームレビュー
dead01.min


ゲームのオススメ度(みなさんも評価が可能です。評価をお願いします。)
ダメかなう~んふつうだよまあまあ!最高です! (4 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...

into the dead 絶望の空気の中、生き延びるためにキミは走り抜ける


google_badge  apple_badge

簡単なカジュアルゲーム…と探すと、自分の選ぶゲームの傾向はどうも偏っているようです。

というわけで「イントゥ ザ デッド」をご紹介。
操作は簡単な、左右に動かしてゾンビを避けていくだけのシンプルなもの。

dead02.min

ゲームを開始すると、なんて不運。
自分の乗っていた脱出用のヘリの墜落直後から始まります。
意識を取り戻し、辺りを見回すと大量ゾンビに囲まれているではないですか。
「とこかくどこでもいい、走って脱しなければやつらのエサになってしまう!」

左右に避ける!武器を拾う!正面の邪魔なゾンビは撃つ!

霧の立ち込める草原には、たまに光った荷物(木箱)が視界に入る。
荷物(木箱)に接触すれば、そこに入っている武器を取る事ができる。
ただ走ってゾンビを交わすだけではなく、重火器が豊富に用意されているのでここぞという場面で頼みの綱にしていこう。

ただし弾の数が少なく限られているので、銃は使い捨て。
ケチっているといざという時に間に合わなかったり、豪快に使っていると、やっぱりいざという時に弾が足りなかったりします(泣)

dead03.min

遠くに見える風景は、ただの風景ではなく、しっかりとその場所に向かって行く。
途中柵やなど障害物にぶつかるとよろめくし、ゾンビの正面に突っ込んでいってしまうと捕まってもぐもぐとご飯にされてゲームオーバー。視界がとても悪い場所もあれば、森林の中で木を避けながらと結構難しい。

一時停止ボタンでミッションも確認できるので、ミッションのクリアも目指そう。

今後も機能を追加予定らしい。

感想

結構凝っていて、いろんな種類の武器があり、画面、音、演出がリアル。主人公は猪突猛進で、とにかく正面に走り続ける。
ただし、基本的にどこまで生きて走れたかというカジュアルなゲームなので爽快に蹴散らしたりとかそう言ったものではありません。
(一部、豪快に蹴散らせる武器が)

基本的にたまに遊ぶと楽しいゲームという感じ。

くーれい 著者: くーれい 大のゲーム好き。好物はRPG、シミュレーション、箱庭系。以前は携帯ゲームは敬遠していたんだけど、最近のものはすごいね!!洋ゲーも大好きです。