☆トピック
image

夏にオススメの伊豆諸島「八丈島」の魅力を紹介!

夏といえば海!海といえば伊豆諸島!ということで今回は伊豆諸島の「八丈島」の魅力を紹介したいと思います。

「八丈島」1泊3日の旅行のプランは以下の通り!

1日目

  • 22:30〜9:00 竹芝発フェリーに揺られること10時間、本土とのお別れです

2日目

  • 9:00〜9:30 レンタカーを予約していたので書類関係に記載などなど
  • 9:30〜10:30 八丈富士(西山・標高854.3メートル)から島を一望
  • 11:00〜13:00 底土海水浴場でシュノーケル
  • 13:00〜14:00 宝亭で昼食
  • 14:00〜15:00 裏見ヶ滝温泉(無料)
  • 15:00〜16:00 裏見ヶ滝トレッキング
  • 17:00〜18:00 民宿へチェックイン
  • 18:00〜19:00 夕食
  • 19:30〜20:30 光るキノコ探検ツアー

3日目

  • 5:00〜7:30 底土漁港で昼の食材調達
  • 8:00〜9:00 民宿で朝食
  • 10:00〜11:00 ふれあいの湯
  • 11:00〜11:30 登龍峠(のぼりょうとうげ)から島を一望
  • 11:30〜12:30 宝亭で昼食(朝釣った魚を料理して頂きました)
  • 12:30〜13:30 八丈島ビジターセンター植物園トレッキング
  • 14:00〜16:00 硫黄沼、唐滝トレッキング
  • 16:15〜16:30 レンタカー返却、八丈島空港へ
  • 17:30〜18:30 八丈島空港→羽田空港、帰宅

スケジュールはギッチリな感じですが、初めてにしては一通りの八丈島のスポットを回りきった感じがします。しかしながら温泉を楽しみにしていたもののシュノーケルを初日にスケジュールしてしまったせいで、日焼け→温泉→日焼けが…となってしまい反省点も多々ある旅行にもなりました。

八丈富士から見る八丈小島は気分爽快

空港から車で走ること15分で八丈富士の展望台へ到着しました!天気も良く展望台からは八丈小島がピラミッドのように黒潮の海にそびえたっていました。小島とは思えないですね!昔は八丈小島には村があったそうですが今は無人島のようです。渡し船もあるとのことですので無人島探検にはもってこいではないでしょうか。

裏見ヶ滝温泉(無料で入浴可能な露天風呂)

裏見ヶ滝温泉はその名前の通り、裏見ヶ滝のすぐそばにある公衆浴場で無料で入れます。ただし混浴のため男女共に水着を着て入浴するといったルールがあります。女性の方は車の中で着替える等しないと入れません。

裏見ヶ滝温泉から見る露天の景色は圧巻!まるでジャングル?さながらでした。源泉も豊富にジャブジャブ湧き出ていて気持ちが良かったです。

こちらの温泉は映画「トリック2」のロケ地としても使われていたというだけあって日頃の疲れが本当によくとれるとても素敵な温泉でした。

滝の内側から見ることができる裏見ヶ滝

裏見ヶ滝温泉に入ったあとは、道路を挟んで目の前にある裏見ヶ滝トレッキングコースに行ってきました。こちらは20分程度の山道で初心者でも問題なく楽しむことができます。

コースもしっかりと整備されていてなんなく裏見ヶ滝を見ることができましたが、道中には八丈島に生息するサツマゴキブリが多々出現しかなりヒヤヒヤでした。。。

滝を裏側から見るのはディズニーランドのジャングルクルーズ以来でしたが、裏見ヶ滝は八丈島で1位の自然・景勝地ということもありなかなかのものでした。

光るキノコ探検ツアー(八丈島ビジターセンター)

八丈島では夏の期間中ビジターセンターでは光るキノコ観察会を開催してます。いまだになぜ光るのか謎のキノコ(ヤコウタケ)を八丈島観光レクリエーション研究会のボランティアの方に案内してもらえます。

この光るキノコですが発光している期間の寿命は3日程度ということでしたが、今回の観察会では運よくかなりの数の光るキノコ(ヤコウタケ)を観察することができました。目で見てもはっきり発光しているのがわかり幻想的な雰囲気に包まれながら、八丈島へ上陸してからの1日目を満喫することができました。

(八丈島上陸2日目につづく)

ぐり助 著者: ぐり助 スマートフォンゲームからPCゲームと幅広くプレイしています。ゲームを始めてプレイしたのはPCエンジンの『カトちゃんケンちゃん』幼少のころからのゲーマです。最近は即死系のカジュアルゲームにはまっています!